第46回東京モーターショー2019 -ショーテーマとテーマロゴの決定-

一般社団法人 日本自動車工業会(会長:豊田 章男)は、第46回東京モーターショー2019のショーテーマとテーマロゴを決定しました。(会期:2019年10月24日(木)~11月4日(月・祝)、会場:東京ビッグサイト及びお台場周辺エリア)

東京モーターショー2019は、モビリティの領域にとどまらず、生活者にとって本当に価値があり、ワクワクする「くらしの未来」にまでショーの領域を拡張し、「未来のモビリティ社会への夢」を感じていただけるショーとして開催いたします。
お客様にお楽しみ頂ける様々なコンテンツを通して、東京モーターショーが未来の可能性が広がる場になることをビジョンとして掲げ、この思いをショーテーマとロゴデザインに表現いたしました。

ショーテーマ 

OPEN FUTURE

様々なターゲットに向けて、「くらしの未来」にまで領域を広げ、参加企業や主催者側のマインドも拡張する。結果、未来への可能性が広がる場になる。という思いを込めています。

テーマロゴ 

OPEN FUTURE

「OPEN」「FUTURE」そして「MOTOR」を、それぞれのエレメントで表現。
カラフルさとキャッチ―さを重視し、様々な生活者に好まれるデザインとしました。

東京モーターショー2019は、東京ビッグサイトからお台場周辺エリアまで会場を拡張し、ワクワクする様々なモビリティが集結。また、未来の街や社会を体験出来るプログラムを通して、クルマ・バイクファンのみならず、ファミリーや若者まで楽しめるショーとして開催いたしますので、是非ご期待ください。

以 上